お客様に好まれる人間性を養うには

サロン運営に便利な情報

長く続けられるサロンにするためには

以前書いたブログの中でサロンを長く続けるための秘訣の中に

『インテリアにこだわる』ことの重要性をお話しました。

言っていることを簡単にまとめると
インテリアにこだわり、サロンのファンになってもらう
ということですね。

大天使ウサギ
大天使ウサギ

とはいっても、インテリアにこだわるってことは
費用もそれなりにかかるってことだよな。

くらげのこ
くらげのこ

確かに、どれだけお金をかけてもいいなら
そりゃあオシャレなサロンになるだろうけど
先立つものがないとハードルは高いよね。

そこで今回の記事では、
費用をまったくかけずに出来る
自分のファンになってもらう
方法の話をしたいと思います。

それに伴い、以前の記事で
『リピーターを増やすためのコミュニケーション術』
を書いていますので、こちらも気になった方はご覧ください。

コミュニケーションもそうですが
今回紹介する方法も初期費用がかからず、
あなたの志ひとつで出来ることなのでぜひ実践してみてください。

くらげのこ
くらげのこ

この記事では、すこし冗談めいた感じで文章を作っているよ。
ふざけているのではなく、固苦しい文にしたくない意図があるので
あまり気にしないでね!

ファンになってもらう方法

結論からいいますと、ファンになってもらう方法は簡単です。

『人に憧れられるような人間になること』

コレが全てです。

その中には、言葉遣い、立ち居振る舞いを始め
目線の動き、五感を働かせるなど
コミュニケーションについてお話している記事で
その重要性について解説しました。

では他にどのようなところに注意すれば良いのか

解説していきます。

社会的ルールを守る

当たり前なことなのですが、

コレを徹底出来ている人は案外いないんじゃないかと思います。

どういうことか説明しますね。

簡単に例を挙げると

他人にやられて困る事はしない
暴言をはかない
キレない

など、本当に当たり前のことです。

実際、これらをサロン内で出来ている人は多いと思います。

くらげのこ
くらげのこ

というか出来てなかったらヤバイです!!

信号を守る

ここでいう『社会的ルールを守る』とは
サロン外にいる時の生活態度を指します。

例えば
『歩行者信号を守る』
ことを例に挙げてみましょう。

僕の地元では比較的多い考え方なのですが、
車が来ていなければ歩行者信号は守る必要はない。
むしろ車来てないのに歩行者信号を守って待つ方がカッコ悪い
という風潮があります。

大天使ウサギ
大天使ウサギ

こどもか!!

と思う人もいるかもしれませんが、
事実大人でも守っている人の方が少ないくらいです。

ん〜、確かに右向いて左向いて、もう一回右向いて左向いて
それでも確実に車が来ていないなら
信号を無視しても別に良いかもと思うかもしれません。

中には『意味もなくただ待つのは時間の無駄』
という考えの人もいるかもしれません。

しかし、この場合
あなたがどういう考えを持っているかは関係ありません。

プライベートサロンのサロネーゼたるもの、サロン外だからといって
サロネーゼにあるまじき行為をしてはならないのです。

ご近所さんにいつ見られても恥ずかしくないように
立ち居振る舞いにも注意しておくのがベストなのです。

くらげのこ
くらげのこ

だって想像してみてください。

サロネーゼが悪びれることもなくガムをくっちゃくっちゃ噛みながら、
まるで覇道を歩む織田信長のように信号を無視していく様を。

それをサロンのお客様がたまたま見ていたとしたら…。

では次にスーパーでのお買い物を想像してみてください。

癒しのリラクゼーションサロンを運営しているサロネーゼが
スーパーのレジで従業員の皆様に暴言を吐きながらクレームを入れている様を。

イメージ的にはこんな感じです。

すみません、この10%OFFクーポンはお酒には使えないんです…

くらげのこ
くらげのこ

なんでだよ!?
クーポンには『クーポン対象は食べ物』って書かれてるだろ!?
酒はサロネーゼにとって食べ物なんだから10%OFFしろよ!

こんな現場を見てしまったら、あなたはどう思いますか?

しかもこの現場を見た後にサロンに訪れた際、
「このアロマは心を穏やかにする効能があるんですよ♪」
とラベンダーのアロマを勧めてきたとしたら!?

「まずお前が使えよ!!」ってなりません?

これではたとえサロネーゼ側の言い分が正論で優雅だったとしても
お客様は離れていってしまうかもしれませんよね。

大天使ウサギ
大天使ウサギ

いや、コレは完全にきのこの頭がおかしいけどな。

そういうことのないように、サロン外でも節度ある行動
つまり社会的ルールに則った行動する必要があります。

とはいえ、案外コレが難しいものです。

『信号を守る』というルール一つをとっても
守れてない方が多数だと思います。

くらげのこ
くらげのこ

自分だけならまだしも、他の人が赤信号を無視して進んだら
自然と「自分も行かないとダメなんじゃないか」
って空気になってしまうことあるよね。

自分の心を守るための対策(秘伝)

そこで僕がやっている対策を伝授します。

ちなみに秘伝です。

対策として挙げられるのがこちら。

携帯を見る
素数を数える
科目を唱える。数学国語理科社会保健体育物理…
やむを得ない事情があるんだと悟る

携帯を見る

携帯を見て現実逃避するのはかなり有効な手段です。

ただし、そのまま歩きスマホになると
これはサロネーゼ規約に反しますので注意が必要です。

大天使ウサギ
大天使ウサギ

サロネーゼ…規約…?

くらげのこ
くらげのこ

いや、そんなものないけど
守った方がいいよって意味でね。

素数詠唱と科目詠唱

素数と科目の詠唱は、べた中のべたではありますが、
いつの間にか時間が過ぎているのでやってみると効果的です。

ただし、口に出さないようにしてください。

変な人だと思われます。

無論、そうなると歩きスマホと同じくサロネーゼ規約に反します。

憤怒は表に出すべからず

もしかすると
「自分は歩行者信号を守っているのになぜ他の人間どもは守らない!?」
と、あなたは気持ちが荒ぶってしまうかもしれません。

しかしそれを表に出すのは当然、サロネーゼ規約違反です。

このような場合は荒ぶる心を鎮める必要があります。

僕の場合、怒りを鎮めるのはこのような流れになります。

荒ぶる心、鎮まれサロネーゼよ

自分が歩行者信号を守っているのに他の人が信号無視をした瞬間、

くらげのこ
くらげのこ

ふ~ん…

と、まずは「なるほどね」感を出します。

ここで大切なのは「あぁ、そういうパターンね」というように
自分の心を納得させることです。

そして、それだけだとちょっとイライラしてきてしまう人は第二段階。

「あの人は、きっとこのまま信号を待っていたら特売セールに間に合わないんだ」
というように、相手にもやむを得ない事情があったことにするのです。

そうすれば、自然と自分の心も納得してくれて
イライラを表に出さなくても大丈夫になります。

大天使ウサギ
大天使ウサギ

そもそもそんなことでイラついてる人間は
サロネーゼに向いてないんじゃねぇか?

くらげのこ
くらげのこ

まぁ、そういう考え方もあるね!

まとめ

さて、いかがでしょうか?

夜中だからといって歩行者信号を無視したりしていませんか?

誰も見ていないからといって、空き缶をポイ捨てしたりしていませんか?

そのような行動は、誰かに迷惑をかけなければ良いというものではありません。

社会人としてのモラルの欠如、
そしてお客様からの『サロネーゼの品格』に対する疑いが招くものは何か。

言わずもがな、ですよね。

サロンのリピーターになってもらうためだけではなく
一人の人間としての品格を損なわないためにも
社会的ルールをしっかり守り、その結果として
リピーターが増えていけば言うことなし!ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました