サロンで使う資材を安く仕入れる秘訣

サロン運営に便利な情報

資材を安く仕入れることの意義

さて、この記事では
サロンで使う資材を出来るだけ安く仕入れる方法を紹介していきます。

他の記事でも少し触れた部分ですが、
今回は僕も実際に利用している業者さんやサービスについてお話します。

『サロンで使う資材』と一言でいっても、たくさんあります。

くらげのこ
くらげのこ

例えば僕のサロンの場合、
お客様がご来店した時にお出しするお飲み物やお茶菓子、
施術で使うヘッドレストカバーやアロマオイル、
自分で使うハンドクリームやマスクなど、さまざまだよ。

消耗品の仕入れを安く抑えることが出来れば、それだけ利益が上がります。

売上 ー 費用 = 純利益(儲けた金額)
施術をして受け取ったお金は、純粋な儲けではありません。
細かく言うと、受け取ったお金から水道光熱費や消耗品、
さらに言うと減価償却分も含めて『費用』として算出し
それらを受け取ったお金から差し引きすることで
純粋な儲け『純利益』となります。
つまり、費用を抑えることは純利益の増加に繋がることになります。

サロンで実践している仕入れ方法

資材を仕入れる方法の中でも、僕が利用しているのはこの3種類です。

  • 卸価格で仕入れる
  • 楽天やAmazon、ヤフーショッピングを利用する
  • メーカー公式サイトより直接購入する

順番に解説していきますね。

卸価格で仕入れる

僕の場合は、サロンでお客様に販売するためのアロマオイルを
卸価格で仕入れています。

自分たちのサロンで使う資材でもあるので、
販売用とサロン用の両方を卸価格でまとめて購入しています。

これから『卸』の仕組みについて解説しますが、
ここでいう卸とは、あくまで卸先から正式に卸業者として認定を受けて
卸契約を結び、卸価格で仕入れる方法を紹介します。
卸業者認定を受けていなくても、安く購入できる仕入れ先を見つけて
それを販売する手法(いわゆる転売)についてではありません。
卸価格で購入する方法として転売を解説しているサイトさんもあるみたいなので
正式に認定を受ける今回の手法とは違う点をしっかりご留意ください。

卸とは

『卸』にもいくつも種類がありますが、
ここでは単純に『業者』と『業者』、
つまり『B to B(Business to Business)』の関係になって安く資材を仕入れる方法です。

なぜ『B to B』なら安く仕入れられるのか。

そもそも、商品はどうやって一人一人の手に渡るのかというと

簡単な例ですが、このようにいくつかのプロセスを経て
一般消費者の手元に届くわけです。

生産者さんから見れば、そのまま『僕(Customer)』に販売した方が
利益が大きくなることが多いのですが
生産者が自分で販売するのは、別の労力や経費が必要になり
それなりに負担が増えてしまいますよね。

そこで中間の業者さんがBtoCの役割を担うわけです。

これが『卸業者』です。

卸業者は生産者からある程度まとめて仕入れ、
それを販売することで利益を上げます。

この仕入れ価格が『卸価格』となるため
比較的安価で仕入れることが可能となるのです。

大天使ウサギ
大天使ウサギ

言いたいことは伝わるから、まぁいいんだけどよ。
なんで、お米農家さんの卸先がお肉屋さんなんだよ。

くらげのこ
くらげのこ

いや、イメージが伝われば何でもいいかな…なんて思って…

大天使ウサギ
大天使ウサギ

あと、なんだよ。
あの一番右の『僕』って書かれてるやつ。

くらげのこ
くらげのこ

いや、僕はくらげときのこの融合体としてこの世に顕現しているんだけど
実際は人間だからね。

卸業者として認められるには

卸業者さんは卸価格で仕入れられる。

そして卸価格は一般的な販売価格より安価なことが多い。

ここまでは大丈夫でしょうか?

では次は卸業者として認定されるにはどうすれば良いかを解説していきます。

卸業者認定には最低でもこの2つの条件が必須です。

  • 個人ではなく、お店であること
  • メーカー(生産者)などの資材を卸してくれる業者さんと卸契約を結ぶこと

お店としての立場が必要

基本的に個人では卸業者にはなれません。

サロンを開業するにあたり、お店としての認定をしっかりと受けていれば
第一段階はクリアです。

第二段階としてメーカーさんや卸先業者さんからの審査後、
卸業者としての認定を受ける必要がありますが、認定をされないこともあります。

理由としては、

  1. 卸契約の認定条件を満たしていない
  2. 開業してから日が浅く実績がない
  3. 卸契約をしても問題ないという確信が持てない

などが考えられます。

1. の卸契約の認定条件は卸先業者さんによって変わってきますので
電話やメールで予め確認しておく必要があります。

2. 3. に関しては『お店としての信頼が得られない状態』が理由ですね。

大天使ウサギ
大天使ウサギ

業者だと偽って安く仕入れようとしている可能性もあるからな。
卸先業者さんからすれば、審査するのは当然だな。

認定を受けるために出来ること

開業してからの期間や実績については
とにかく時間をかけていくしかありませんが、
ホームページをしっかり用意して、
サロンの詳細や施術メニューなども詳しく載せることで
お店として真剣に取り組んでいる姿勢を見せることも大切です。

それと関係はないかもしれませんが、
僕は固定電話とFAXも使っているので
そこも信頼度に繋がったかもしれません。

あとは清らかで誠実なサロン運営を心がけていれば大丈夫かなと思います。

楽天やAmazon、ヤフーショッピングなどを利用する

資材の仕入れ先として、ショッピングサイトを利用するのも有効です。

代表的なショッピングサイトでいえば

  • 楽天
  • Amazon
  • ヤフーショッピング

この3つが最も有名ですね。

それぞれの特徴を簡単にいうと

  • 楽天・・・ポイントが凄い貯まる!ポイントの使い道もさまざま。
  • Amazon・・・ポイントは貯まりづらいけど、とにかく価格が安い!
  • ヤフーショッピング・・・PayPayによる還元が大きい!

他の記事でショッピングサイトの比較について紹介しています。
詳しくはこちらをご覧ください。(準備中)

楽天に関しては、僕も毎日お得情報をブログにて紹介しています。

安くてお得な商品を探しているのなら、ぜひ一度覗いてみてください。

メーカー公式サイトより直接購入する

リラクゼーションや理美容商材などを多数扱っている
「セブンビューティー」などは直接公式サイトから購入した方が安い場合があります。

卸価格での仕入れ、ショッピングサイトの利用と合わせて
メーカーの公式サイトで購入する場合の価格も調べておきましょう。

商品にもよりますが、一例として挙げると
セブンビューティー公式サイトで約1,100円(送料別)の商品が
・楽天だと約1,400円(送料別)
・Amazonだと約1,700円(送料込)
・ヤフーショッピングで約1,400円(送料別)
でした。

ポイントを加味すると、それぞれもっとお得に購入出来ると思いますが
単品購入であれば、公式メーカーが安いパターンと言えます。

逆にAmazonが最安値の時もありますので
自分のサロンで使う資材に関しては
とにかくリサーチをしておくことが必要です。

頑張って消耗品をお得にゲットし、
純利益の増加を目指しましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました